パチスロ、パチンコの低貸しにも罠は仕掛けられている

1円パチンコや2円スロットなどのレートが低いものについても、本来のレートに戻ってしまう危険性があるので十分注意してください。特にパチンコ、パチスロを辞めたいと思っている人は、そういった低貸しならいいかと思ってやってしまうケースが多いと思います。

しかし自分の経験上、そういったものでも打っていると本来のレートで打ちたくなってきます。

比較的低リスクな台ならOKと思ってしまう

まず、「リスクの少ない台ならいいのでは?」と囁いてきます。パチスロならジャグラー、パチンコなら甘デジなど。そして気づいたら大金を失う、もしくは運よく大勝ちして元の黙阿弥となるケース。私自身も何度も経験があり、

「ジャグラーくらいなら。。」

そうやって気づけば一万円近く負けるケース。もしくは、その時は高設定をたまたま掴んで終日回してプラス5万円程になったとしても、今度はもっと粗いAT機などを打ちたいと思ってしまい結局勝ち分がなくなってしまう事もありました。

イベントに誘導されてしまう

次に店のイベントに誘導されるというケースもあります。

イベントは大々的やってないとはいえ、チラシを置いたり、箱がイベント対象台だけ違ったり、レインボーの看板を持った店員がいたりと脱法的な方法で誘導してきます。そういったイベント対象は通常のレートのもののみですから、低貸しから通常のレートへと誘導されてしまうというわけです。

撒き餌

後は低レートに撒き餌がしてあるケースです。低レートで高設定などを打たして、通常のレートでもいけるんじゃないかという錯覚を起こさせるケース。これもあります。しかし、これはあまり頻度は多くないかなと思います。ただ自分の経験上、2円スロットに高設定のミリオンゴッドがあったことがあります。これを打ったら20スロのミリオンゴッドも簡単に感じる、もしくは打ちたいと思うのが人間の心理ではないでしょうか。

まとめ

こういった理由から低貸しであっても油断は禁物です。

とにかく、本物を味わいたい!という思考に繋がりやすいので十分に注意してください。