借金の負担を軽くする!債務整理・過払い請求相談について




債務整理とは

債務整理とは、金利負担を少しでも軽くすることが目的です。借金の額を減らす支援をしてくれたり、過払い金として認められれば返していた一部が返金されます。

日本国内に借金に苦しむ人が現在で500万人もいるといわれており、そのほとんどが債務整理という手段をほとんどとる事なく苦しんでいる人が多いというのが実情です。債務整理にもいくつか方法がありますがまずは無料相談でどのような方法が適しているか確認してみるのが手っ取り早いです。

債務整理には大きく4つの方法がありますので解説はしておきたいと思います。

任意整理

代理人(弁護士や司法書士)が貸金業者と交渉し、毎月無理の無い金額に分割して返済しやすくすることです。

この方法が最も手軽かつ影響も少なく効果的な方法です。以下の通り貸付は受けられなくなりますが、デメリットは少なくこの選択をとるひとは非常に多いです。

メリット

  • 裁判所を通さなくてよく、貸金業者と弁護士が直接交渉して進める事ができる
  • 金利を軽減することができる
  • 支払いすぎた金利が戻ってくる場合がある
  • 特に資産が凍結になったりすることはない

デメリット

  • いわゆるブラックリストに入り新たに5年程度貸付を受ける事ができなくなる
  • 官報に名前が載ってしまう

官報に名前が載りますが、通常これを読んでいる人は多くなく、探そうと思って探さなければわかりません。ですのでそこまで心配する必要はないでしょう。

 

個人再生

自己破産と任意整理の中間のような制度です。

自己破産と同様に裁判所に申し立てを行いますが、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらうという制度になります。

裁判所の監督下で借金総額を圧縮し、それを3年間に分けて分割払い(月額2万8千円程度)を継続できれば、残りの借金は免除される仕組みのことです。自己破産とは異なり一定の条件を満たせば住居などを失わずに実施することができます。

メリット

  • 債務を大幅に面積できる可能性がある
  • ギャンブルによる借金でも適用が可能な可能性がある
  • 20万以上の資産でも条件を満たせば失わずに済む可能性がある

デメリット

  • いわゆるブラックリストに入り新たに10年以上貸付を受ける事ができなくなる
  • 官報に名前が載ってしまう
  • 手続きが煩雑で時間、費用がかかる

 

自己破産

裁判所を通して、借金が免除される手続きのこと。

債務整理と聞くとこの自己破産を創造する方が多いのかもしれません。財産のほとんどを失う可能性もありますので選択には勇気が必要です。また、「浪費やギャンブルが原因で、大きな借金をしたこと」は、破産法で、免責不許可事由とされていますので、該当する場合は適用できない可能性があります。

メリット

  • 債務が免除される

デメリット

  • 理由によっては免除されない可能性がある
  • 10年以上貸付が不可能になる可能性がある
  • 20万以上の財産は手放さなければならない
  • 官報に名前が載ってしまう
  • 手続きが煩雑で時間、費用がかかる

 

過払い金返還請求

「払い過ぎたお金・利息」を返還してもらうこと。

法外の金利を請求されていた場合、それを取り戻せるのです。

まとめ

債務整理にはこのような様々な方法がありますが、基本的には法律相談所で状況をヒアリングし、どのような方法をとるのが最も適しているか判断、代行をしてくれるためこのようなサービスを利用するのが良いでしょう。