管理人について




管理人について

当サイトはギャンブル依存症経験者の管理人によって運営されています。年齢は30前後、サラリーマンをしています。

私はパチスロ依存症にかかりかれこれ10年程を棒に振りました。借金は最大で100万程まで膨らんだこともありましたが、債務整理を行い、2年程かけてすべて返済しました。なんとか家庭をもち日々を過ごすことができています。債務整理を行ったおかげでまだローンなどを組むことはできませんが、借金がなくなっただけでも気持ち的には随分楽になったと思います。

ここで踏みとどまればまだマシな方なのかもしれません。しかし、ギャンブルで棒に振った時間で何ができたか、お金で何ができたかと考えると非常に悔やまれます。

ギャンブル(スロット)を辞めたのは2015年12月からなので、まだまだ油断はならないと思っていますし、偉そうにいろいろ語れる身分ではないかもしれませんが、体験者として書けることをこのサイトに残していきたいと思っています。

また、一緒にギャンブル依存とたたかう仲間が見つかればと思っています!

是非ツイッターなどでお気軽にお声がけいただければ嬉しいです。

依存していたギャンブル

パチスロがほとんどでたまにパチンコをやっていたという感じです。そのほかのギャンブルは一切やったことがありません。

ギャンブルにのめりこんだきっかけ

僕がパチスロに興味を持ったのは早く、小学生の頃でした。

ゲームセンターのメダルゲームでプレイできるパチスロがきっかけでした。本当のお金がかかっているわけではないですが、7がそろった時の優越感、コインがたくさん出てきているとのきの優越感、そういった経験からすでにギャンブルに嵌る下地はできていたように思います。

初めて本物のパチスロをやったのは大学生になってからでした、ビギナーズラックからか10万円程サクっと勝てたのを覚えてます。それから少しづつのめりこんでいき、まともに大学生活を送らずパチスロばかりをする日々に陥ってしまいました。

半分プロのような生活を経験

次第に雑誌などでスロットの情報を調べに調べ、毎日店に通い設定狙いやハイエナで小遣いを稼ぐことができるようになっていきました。ほかのプロからも、あいつは稼げてるとか、いつも勝ってるとかそういう風に言われて「自分はできる」と優越感に浸っていたことを覚えています。また、自分ではヒキ(持っている運)が強いという自負のようなものがありました。フリーズやすごく確率の低い子役なんかを引いては俺は持っていると思っていました。

就職後転落し始める

学生の頃は時間が有り余っていたので自分で言うのもなんですが、なんとか勝てていました。問題は就職してからでした。サラリーマンをやりながらだと満足に打つことはできなくなっていきました。土日しか打てませんし、ちょうどそのころから規制などで等価交換やイベント実施がNGになっていきました。

そのうち負けるようになっていきました。休日負けて会社に行っても負けを引きずり、次第に会社をさぼってでも打つようになっていきました。負ければ負けるほど取り返そうと熱くなっていきました。他の負けている奴らと一緒なわけが無いと思ってました。自分だけは違うと。

しかし最終的には借金もしてしまい、頭では勝てるわけがないと思っていても辞められなくなってしまっていました。生活が立ち行かなくなり、会社にも身が入らなくなり、これでは駄目だと思い辞める決意をしました。

地道な方法でやめました

いかにギャンブルが愚かで恐ろしいかを常に忘れず一回たりともしない、薬物中毒やタバコから足を洗うのと似ているように思います。幸い私はタバコを以前に辞めていましたから似たようなノウハウでギャンブル依存症からも抜け出すことができました。(まだ油断はなりませんが。。)

実際に辞める為の手順は別記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。単純な方法ですが地道にやるしかないのかなと思います。記事でも書いていますがほどほどに付き合うなどなかなかできることではありません。

やりつづけて身を滅ぼすか、やめるかの2択だと思います。やめる過程で程々の位置にいるということはあるかと思いますが。。程

自分もまだまだ解決の途上ですが、一緒に頑張りましょう。

Twitterもやっておりますのでお気軽に話しかけください。